ユックのこだわり

   
私どもは直接お客様に根室までお越しいただき、お客様の目で、施設や処理の仕方、ユックの取り組み、更に周りの環境まで確認いただき、「これなら」と安心し納得した上でお取引をさせていただいております。
 
直接、根室の気候・地形が生み出すエゾ鹿を、肌で感じていただくことにより、その魅力を十二分に感じていただけるのです。
 
 
この姿勢は、今後どんなにお客様が増えても、変わらず続けていきたいと考えております。
 
 
 
   

養鹿場経営というと、どうしても観光目的という機能を持たせがちですが、シカへのストレス(臆病な動物なので、)を考えると、人を近づけず立入りは関係者のみとすることにより、自然のままの状態を保っています。
 明治時代にエゾシカは絶滅の危機となり、昭和に入って今度は逆に個体数が増えすぎ、生態系さえも崩れそうな様々な問題が起こっており、更なる人的コントロールが必要な時代に入っております。現在では、ハンターによる狩猟と、当社が行っている生体捕獲によりその個体数の調整に地域として微力ながら協力させていただいております。   
 
商品のお肉については、お客様が望むかたち(冷凍・チルド)での提供が安定して行えます。9月末から10月には越冬のために、養分を体内に蓄積するため、エゾシカには珍しい、脂身の多い肉が堪能できます。
 
 
角や骨についてもそのまま、出荷させていただいております。
 
 
出荷量としてはやはり、秋口の10月から冬場の2月末までがピークを迎えます。 特に12月は、様々なイベントがおこなわれることもあり、全国各地でメイン料理として使われる機会が多い時期となります。
 
 エゾシカは北海道固有のジビエの王様であります。
野生獣はと畜場法の対象外なので、家畜とは異なるルートを経ますが、品質管理の確立がなされておらず、残念なことですが、エゾシカ肉に対する良い印象を持たれていないのが実情です。
 
  
北海道ではエゾシカが衛生的に処理され、より安全・安心な食肉として流通することを目的として「エゾシカ衛生処理マニュアル(改訂版)」(平成27年4月)を発行されております。
 
是非一度「ユックのエゾシカ肉」をご賞味ください。 本来もつエゾシカ肉のヘルシーでジューシーな味をお分かりいただける事と思います。
 
 
 
有​限​会​社​ユ​ッ​ク​ ​ ​ ​ ​ ​ ​ ​食​肉​加​工​施​設​
qrcode.png
http://yukku.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<有限会社ユック>> 〒087-0045 北海道根室市花園町9-10 TEL:0153-24-8111